〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-20-28

メディカルコート大泉学園内
駐車場完備
駐車場完備

腰痛

採用情報
HOME»  腰痛

腰痛は症状も原因も様々

腰痛は症状も原因も様々

腰痛と言ってもそれは、「腰が痛い」と症状を表しているだけです。
安静にしていれば痛まない腰痛、動いている方が気にならない腰痛、突然襲ってくる腰痛、いつでもズキズキ痛む腰痛など、腰痛にも様々な種類があります。

また、いったん治まったと思っても、その痛みはいつぶりかえすかわかりません。

そして、原因も色々。筋肉の疲労、骨の変形、先天性、運動不足からくる筋肉の衰え、内臓疾患など限りなくあります。

しかし、骨や筋肉など、整形外科的な要因から生じる腰痛は、生活の中での正しい対処で予防できたり、腰痛になった時でも軽くすることができます。

腰痛になりやすい人とは

立ったままその場での作業は、筋肉疲労と不良姿勢(腰の反り返り)によって椎間板にかなり負担がかかるために腰痛になりやすく、またずっと座っている姿勢も、立っている状態より椎間板にかかる負担は大きく、不良な姿勢から腰痛になりやすいといえます。

  • 同じ姿勢を長時間続けている。
  • 運動不足で足腰の筋力が低下している。
  • 重労働や運動のし過ぎで、筋肉疲労がある。
  • きつい下着をつけて血行が悪くなり、筋力が低下する。
  • 体がかたい人は筋肉が緊張しやすい傾向があるので、血行が悪くなりやすい。
  • 神経質な人は痛みを感じやすい。
  • 布団やマットがやわらかいと、腰の部分が沈み、腰に負担がかかる。
  • 冷えると血行が悪くなり、腰痛を招きやすい。

心当たりがあれば予防を心がけましょう。日頃の心がけは腰痛予防のポイントです。

腰痛予防のポイント

毎日の姿勢や動作を注意することで、腰痛は未然に防げます。

腰痛になる原因は、前屈姿勢(前かがみ)での動作です。
腰が前曲がりカーブを描くような姿勢を避けることが腰痛予防のポイントです。

腰痛にならない生活ポイント

1.荷物を持ち上げる際は、下半身を使って
前かがみで荷物を持たず、膝を曲げ、腰を伸ばした姿勢で下半身の力を使って持ち上げましょう。
2.長い立ち仕事は、台に片足を乗せて
片足を台に乗せることで、前屈姿勢になることを防ぎ、腰への負担を少なくできます。
3.長時間のデスクワークは足を組んで
腰が前に傾くのを防ぐ姿勢です。左右の足を交互に組み替えて座りましょう。
4.運転はシートを立てて、1時間ごとに車外で運動を
シートを立てることで腰をまっすぐな姿勢に保ちます。
5.ハイヒールは3cm以内
高いハイヒールは腰を前に傾けてしまい、腰痛を悪化させる恐れがあります。
6.中腰は禁物
前かがみの姿勢は腰に負担がかかります。なるべく腰をまっすぐに保ちましょう。

手軽にできる腰痛対策

どんな腰痛もまずは安静

どんな腰痛でも、まずは痛みの少ない姿勢で安静にすることが大切です。

  • 腰をくの字にして、横向きに寝る。
  • お腹の下に座布団を入れてうつぶせに寝る。
  • 足の下に座布団を入れてあおむけに寝る。

急性の腰痛は冷やす

ぎっくり腰など急に生じた腰痛は、冷やすことで痛みを和らげることができます。ただし、痛みが増すような場合は中止してください。また、長時間の冷やし過ぎは回復を遅らせるおそれがあるので、注意してください。

塩とビニールで

ビニール袋に氷と塩をひとつまみ入れ、タオルをはさんで腰に当てる。

市販のアイスパックなどで

タオルをはさんでから腰に当てる。

ジワジワとくる痛みには温める

除々に痛くなってくる慢性の腰痛や、急性の腰痛の痛みが軽くなった場合などは、温めると効果的です。ただし、患部に打撲や外傷があったり、または熱を持っているときは温めないでください。

ホットパックで

ホットパックを厚いタオルで包んで当てる。

蒸しタオルで

お湯や電子レンジで作った蒸しタオルを当てる。

医療機関に行きましょう

腰痛は原因や症状によって対処の仕方も異なります。また、腰痛が深刻な病気のシグナルかもしれません。悪化させないためにも、そのままにしておかないで、医療機関できちんとした診断を受けましょう。

当院で受けられる治療

当院では、症状に合わせた専門的な治療が受けられます。

薬物療法

薬を飲んだり、座薬などで治します。

消炎鎮痛剤

痛みを止めます。

筋弛緩剤

筋の緊張をほぐして痛みを軽くします。

ビタミン剤

神経の損傷を回復させるための薬です。

精神安定剤

腰痛によるイライラが筋を緊張させ、さらに痛くなるのを防ぎます。

骨粗鬆症治療薬

骨量が少なくなる骨粗鬆症が原因の場合に使います。

牽引療法

下半身を引っ張って、腰を伸ばします。

温熱療法

患部を温めて血行をよくし、痛みを和らげます。

ブロック療法

局所麻酔剤を注射し、痛みを伝える神経の働きを止めます。

体操療法

腰を支える筋肉を強くします。

装具療法

コルセットや腰部固定帯で腰の負担を軽くします。

TOP