〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-20-28

メディカルコート大泉学園内
駐車場完備
駐車場完備

膝痛

採用情報
HOME»  膝痛

なぜ膝が痛くなるの?

加齢

膝の関節の軟骨は大腿骨と下腿骨の間のクッションの役目を果たしています。
加齢と共にこの軟骨が衰えてくると、関節が体重などの影響ですり減ったり変形したりすることで、炎症を起こし、痛みが出ます。

また、一度膝痛を覚えるとそれをかばうようになるため、全身がアンバランスになり症状を悪化させます。

姿勢

姿勢の癖で、一方の膝に負担がかかり、軟骨をすり減らしているケースがあります。
一方の膝をかばうように、もう一方に負担をかければ、姿勢はさらに歪んでいくと共に、双方の膝の軟骨をすり減らし悪循環に陥ってしまいます。

肥満

体重が増えると、当然膝への負担も大きくなります。
その負担が膝の軟骨をすり減らす原因となり、痛みにつながります。

膝まわりの筋肉疲労

膝まわりの筋肉が疲労することで働きが低下し、膝関節への負担が大きくなり、痛みにつながることがあります。
日常的にスポーツをしている方や、仕事で重い荷物を持ったりする方、農作業などで立ったり座ったりを繰り返す方などはご注意ください。

膝まわりの筋力の低下

運動不足による筋力の低下も原因になることもあります。また、やせ過ぎの方も筋肉が不足するため、同様の状態になります。

ケガ

以前のケガが十分に治っていなかったり、骨が変形していたりすると、膝の負担がかかりやすい状態になり、軟骨がすり減る原因となります。

病気

膝が痛くなる病気にかかっているケースです。

  • リウマチ
  • 痛風
  • 化膿性皮膚炎
  • 腫瘍  …など

膝が痛くなったら?

  • 膝や太ももの筋肉をマッサージしましょう。
  • 膝の保温に気をつけましょう。
  • 温めのお風呂に入り、足の筋肉をほぐしましょう。

医療機関に相談しましょう

下記のような症状にあてはまる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

  • 激しい痛みがある
  • 痛みが長引く
  • 今までの痛みが変化した
  • 熱を持っている
  • 腫れている

日頃からの予防も重要です

正しい姿勢で歩きましょう

膝を前に出した時にまっすぐに伸びている状態が正しい歩き方です。若い方なのに膝が痛むという人は、歩き方が間違っている場合が多くあります。
正しい歩き方ができるように意識してみて、改善していきましょう。

肥満にならない生活習慣を

体重が重いからといっても、アスリートのように体脂肪が低く筋肉量が多ければは問題ありません。
注意すべきは、体脂肪が高ったり、健康診断でメタボリックシンドロームと診断された場合です。
適度な運動や食事の習慣を心がけて適正な体重を保つことが大切です。

適度な運動をする

激しい運動をすることが、膝の軟骨をすり減らす原因にもなってしまうため、適度なストレッチやウォーキングなどが最適です。
また、エレベーターやエスカレーターを使わずになるべく歩くようにするなど、日頃から筋力低下の予防を心がけましょう。

激しい運動をする際はテーピングをする

スポーツや労働で膝に負担がかかりやすい方は、テーピングを行うと膝痛を防ぐことができます。

当院で受けられる治療

装具療法

膝を支えたり矯正したりすることで痛みの緩和が期待できます。

物理療法

温熱療法

患部を温め、痛みを抑えます。

薬物療法

消炎鎮痛薬

炎症を抑えます。(飲み薬、塗り薬、貼り薬)

ステロイド

関節内に注射し、痛みを抑えます。

ヒアルロン酸

関節内に注射し、軟骨の動きを滑らかにします。

TOP