〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-20-28

メディカルコート大泉学園内
駐車場完備
駐車場完備

肩こり

採用情報
HOME»  肩こり

なぜ肩がこるの?

姿勢

長時間に渡り同じ姿勢を続けることで、頭を支える首・肩の筋肉が硬くなります。

目の疲労

なぜ肩がこるの?

目を酷使していませんか?
  • 長時間にわたり細かい作業を続けることが多い(デスクワークなど)
  • 暗いところで本を読む、ゲームをする
  • テレビの見すぎ
  • 度が合っていないメガネを使用している

目の疲労が頭にも影響し、肩こりを感じるようになります。

ストレス

自律神経のバランスが崩れると血行が悪くなり、首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなってしまうことがあります。

体の冷え

体が冷えることにより血液の流れが悪くなり筋肉が硬くなります。

病気

心臓や胃腸の病気でも肩がこることがありますから、注意してください。

肩がこったら?

姿勢を改善する

猫背の方や反対に胸を張りすぎている方は、肩こりを感じやすくなります。日々、正しい姿勢を意識することが大切です。

目を休める

細かい作業を日常的に行う方は、定期的に目を休める時間を作りましょう。

運動不足の解消

適度な運動やストレッチ(肩を上下に動かしたり、腕をまわしたり、首をまわすなどの運動)を行いましょう。また、運動をして気分転換をすることで、原因のひとつであるストレスの解消にもつながります。

当院で受けられる治療

マッサージ療法

血行を良くし、筋肉の緊張をやわらげることで肩こりの緩和が期待できます。

温熱療法

温湿布や音波などで患部を温め血行を良くしていきます。

運動療法

ストレッチや生活指導を行います。

薬物療法

鎮痛消炎剤

痛み止めです。

局所麻酔剤

筋肉に局所麻酔剤を注射し血行を良くします。

筋弛緩剤

筋肉をゆるめる薬です。効果が緩やかな筋弛緩剤を用います。

漢方薬

上記の各薬剤を用いることができない場合(胃腸の弱い方など)には、漢方薬を処方します。

TOP